腸閉塞は早期発見が大切|病院で治療を受けよう

イレウス診断と治療

カウンセリング

腸閉塞の症状は、疝痛という一定周期の痛みが連続して次第にひどくなるもので、これを放置しておくと生命の危険にさらされることもあります。開腹手術が一般的ですが、万が一癌などの原因により腸閉塞となった場合、複雑な治療となることがあります。

Read More

腸が詰まる病気

先生

腸閉塞は腸内環境が悪く排便のリズムが不規則な人に多くみられます。また、開腹手術をしたことがある人は、腸の癒着が起こり腸閉塞を引き起こすリスクが高いと考えられています。治療には、内容物を汲みあげる方法や内視鏡手術などがあります。

Read More

膨満感と吐き気には要注意

女性

腸閉塞で多いのは物理的に腸が塞がってしまうケースです。主に手術後や外傷や炎症が原因で起こります。症状としては膨満感や嘔吐があります。悪化すると腸の内容物を吐き出します。予防としては排便習慣をつけること、不溶性食物繊維の食べ物を控えることです。人気なのは乳酸菌です。腸での癒着を防ぐ効果があります。

Read More

手術やアフターケア

真剣に腸閉塞と向き合っていきたいと考えているのであれば、コチラで症状を調べてみるようにしましょう。気になる人はチェック!

ニオイの対策にも効果的

案内

医療機関において、腸閉塞の診断結果から保存療法が提案されるのが一般的です。鼻や口から閉塞部にチューブを挿入して、停滞している内容物を排出させます。症状として痛みを引き起こす腸閉塞は、捻れていることが原因となっているために挿入するチューブによって捻れまでが改善され、痛みを解消させることが可能です。医療機関においての回復期に摂取する栄養素は、口からではなく点滴からの補給となるのも特徴で、感染症を防ぐため、保存療法でも入院が必要です。治療によって、改善の兆しとなる排便やガスが確認できることで回復へと向けた治療に切り替えられます。また、便やガスが出ることで口臭や体臭までが緩和できるため、ニオイのエチケットとしても保存療法は評判を集めています。

生活習慣を改善させる利点

近年では、早期発見によって腸閉塞の開腹手術は少なくなり、腹腔鏡手術での手軽で感染症などのリスクが少ない手術を提供する医療機関も増えはじめています。また、入院は必須となるものの、進行具合や状態次第では1週間程度の短期間での退院を可能としています。長期入院で完治する内容ではなく、その後の対策が腸閉塞を再度発症させないためのポイントとなるため、食事療法で再発を防ぎ、さらに手術の経過を見て運動療法も取り入れた防止に努めることでライフスタイルの質が向上するメリットがあります。また、腸閉塞は年齢や体質に関係性は少なく、便秘やストレスなどの生活習慣が影響しているケースが指摘されており、胃腸の消化に良い食べ物を摂取し、ストレスフリーなスタイルを意識することが発症や再発リスクを下げ、健康体をキープできるメリットとなります。