腸閉塞は早期発見が大切|病院で治療を受けよう

膨満感と吐き気には要注意

原因は腸管癒着や便秘です

女性

昔から腸閉塞という病気は知られていますが、どのような症状が起こるのかまではあまり知られていないのです。腸が何らかの原因によって塞がってしまう症状を腸閉塞といいます。腸が物理的に塞がってしまうケースと、腸管の神経や血管に障害が起こって腸の内容物が停滞してしまうケースがあります。腸閉塞のほとんどは前者のケースです。なぜ塞がってしまうかというと、腸管癒着が原因です。なぜ癒着が起こるかというと、手術後や外傷や炎症などが原因で起こります。また腸がヘルニアの中に入り込んでねじれて発症することもあります。腸閉塞の特徴は刺さるような痛みがあることです。時間が経過するとお腹が張ってきて膨満感が表れ、嘔吐することがあります。腸が塞がるのでおならや排便がなくなります。

乳酸菌の摂取で予防します

症状が悪化すると腸の内容物が逆流して、糞便臭のある内容物を吐くようになります。脱水や発熱や尿の減少などが起こると危機的状態なので緊急手術が行われます。腸閉塞を予防するためには排便習慣をつけることが大事です。重度の便秘が腸閉塞に発展するケースが多いからです。また食生活の見直しも大事で、特にゴボウやセロリやゼンマイ、たけのこやフキなどの不溶性食物繊維が多い食べ物は控えた方がよいのです。腸閉塞の予防で人気があるのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内環境を整える効果があるので、普段から取り入れている人が多いのも人気の理由です。乳酸菌は便秘を防ぐだけでなく、腸管癒着が起こらないようにする働きがあるのです。乳酸菌を摂取すれば腸閉塞だけでなく、便秘にも効果があります。