腸閉塞は早期発見が大切|病院で治療を受けよう

イレウス診断と治療

イレウスの症状

カウンセリング

イレウスとは腸閉塞のことで、腸内が閉塞する(狭くなる)ことで、腸内で停滞した内容物が詰まり、閉塞することで刺すような腹部の痛みを発症し、次第に冷汗や悪寒、嘔吐の症状へと発展します。腸内で停滞する内容物は、便や腫瘍、寄生虫、胆石など様々です。それらが原因となって腸閉塞を発生させます。また、腸閉塞手術をしても、その後に縫合部分で再び、内容物が癒着をする可能性があるようです。その症状には痙攣、捻じれなどがあり、過度のストレスを原因として発症するケースも稀にあると言われています。何らかの原因によりこの症状を起こすと、最初は軽い違和感がある程度で、癒着が進むと次第に痛みが増して、一定の時間をおいて周期的に痛みが現れる疝痛に発展します。さらに症状は悪化し、連続的に痛みを酷くし、嘔吐を引き起こします。

イレウスの治療

腸閉塞を引き起こすと自然に痛みが治まったり、治癒するということはありません。痛みや症状は、次第にエスカレートし呼吸困難などに発展し、最悪の場合は死に至ることもありあります。痛みがひどくおさまらないようであれば、医療機関を訪れ検査を受ける必要があります。また、既に症状が進んで、動けない場合は必ず救急車を呼んで早めの処置を受けることが必要です。とくに、高齢者の場合は命の危険性にさらされることがあるので注意しましょう。救急者以外で救急外来に行っても順での診察となるため、必ず救急車を呼びましょう。病院にてCTやエコーによる診断後に開腹手術にて治療が行われますが、閉塞部が癌などの原因である場合、複雑な治療となります。