腸閉塞は早期発見が大切|病院で治療を受けよう

腸が詰まる病気

先生

腸閉塞は、腸内環境が悪く排便のリズムが不規則な人がなりやすいと考えられています。腸内に摂取した内容物が詰まってしまうことが原因で腹痛を引き起こします。腸内にくぼみがある人や腸の癒着が原因となることがほとんどです。これまでに開腹手術をした経験がある人もまた腸の癒着が起こっている可能性もあるため腸閉塞になるリスクが高いといえます。腸閉塞を治すためには手術が必要となる場合があります。しかし開腹手術は腸の癒着を引き起こすリスクがあるため、最近では内視鏡を用いた手術が一般的になりつつあります。内視鏡手術は小さな切開で済むため、術後の回復も早く短期間で退院できるメリットもあります。高齢者はとくに手術のリスクが高まるため、できるだけ小さな切開でおこなう手術が向いています。

腸閉塞になるとみられるのが腹痛の症状です。腸が詰まってしまうことで出口を無くした内容物が腹部を圧迫します。さらに内容物が逆流してくることで嘔吐が見られることもあります。高齢になると慢性的な運動不足になりがちで、腸の活動も鈍くなり正常な働きができないことがあります。早めに病院を受診することで手術以外の方法で治療をおこなうこともできるため、症状があらわれたら早めに医師に診てもらうことが大切です。軽い症状であれば飲食を中止し腸を休めることで様子をみます。痛みやお腹の張りが強い場合は鼻から管を挿入し胃や腸に詰まった内容物を汲みあげます。それらの方法でも改善されない場合は手術をおこなう必要があります。また、絞扼性腸閉塞と診断された場合は手術が必要です。